活動方針

平成29年度活動方針

 山口県PTA連合会では、子供たちが健やかに成長出来るよう、「確かな学力」や「豊かな心」、「健やかな体」など、知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を身につけることを願っています。そのため会員自らが子どもたちと共に学び、成長していく姿が実感できるよう、変化する社会環境に対応した研修や情報を提供するとともに、各郡市町PTA連合会との連携を深め、各単位PTAの活動を支援します。
 具体的な取り組みとしては、少子高齢化や共働き家庭の増加などにより家庭の形態が変化している中、親子の関わりの重要性を再認識し、家庭教育力の向上を目指します。また、学力の低下や不登校、いじめなど、学校における諸問題の解決や、コミュニティ・スクールの拡充などに対し、各学校や関係機関との連携を強化します。さらに、子どもたちの居場所づくりに向けた取り組みを支援し、安全、安心な地域づくりをめざすとともに、近年社会問題化している、インターネットによる犯罪や被害から子どもたちを守る活動を推進します。
 これら子どもたちの諸問題の解決に向け、保護者はもちろんのこと、地域社会全体が手を取り合い、社会環境の変化に適応できる活動に取り組んでいきます。
 

行きたい学校・帰りたい家庭をめざして 創り上げていくPTA活動

1.もう一度家庭を見直そう
 *明るく楽しい家庭をつくろう。
 *親子でふれあう時間を多くつくろう。
 *親子で家庭学習に興味をもち、一緒に勉強する中から学力を高めよう。
 *放任や過干渉を是正し、虐待のない家庭をつくろう。
 *子どもからの心のサインを受けとめよう。
 *早寝、早起き、朝ごはん運動など、基本的生活習慣を身につけるよう、家庭で守るべき ルールをつくろう。
 *積極的にお手伝いができる環境を整えよう。
 *挨拶や返事、決まりを守ることや我慢する子どもに育てよう。
 *命の大切さ、善悪の判断など正しい判断ができる心を育てよう。
 *親としてのモラルと責任を自覚し、家庭の教育力を高めよう。
 *スマートフォン・インターネット等の通信機器の正しい使い方を認識し、出会い系サイトやネットいじめ等による被害から子どもを守ろう。
 *毎月第3日曜日の「家庭の日」には子どもと過ごすように努め、家庭の絆を深めよう。
 *食育の大切さを理解し、家庭団らんの食事に努めよう。
 *勉強する意義を理解させ、将来の目標を持って育てよう。
2学校教育の方針を理解し、進んで協力しよう。
 *学校の当面する課題を理解し、共にその解決に努めよう。
 *新しい学習指導要領を正しく理解しよう。
 *学校行事に積極的に参加し、保護者と教師、相互の信頼関係を高めよう。
 *学校の情報を共有し、家庭学習の実践など学力や学習意欲の向上に努めよう。
3.地域で子育てを支援すると共に、子ども達の安全を守ろう
 *ボランティア活動や自然体験の機会を積極的に与えよう。
 *子ども達が安心して暮らせる地域をつくり出そう。
 *地域と連携してコミュニティ・スクールを推進しよう。
 *子どもの貧困問題に対する支援体制を拡充しよう。
4.生涯学習と国際理解教育の推進を図ろう
 *生涯を通して学び続ける意欲を持ち、豊かな人間性を育もう。
 *地域の文化や伝統について理解を深め、魅力ある地域資源を守ろう。
 *外国にも関心を持ち、グローバルな感覚を養おう。
5.組織活動の充実を図ろう
 *日本PTA全国協議会の活動と連携を図ろう。
 *会員の要望が尊重される望ましいPTAの在り方を探求しよう。
 *郡市町地区PTAの連携を密にし、情報の共有化を図ろう。
 *行政機関や幼、保、高など各種団体との連携を強化し、組織活動の充実発展に努めよう。
 *事件や事故など緊急時における対応に備え、行政や学校と連携したメールによる情報配信システムの整備に協力しよう。
6.子どもたちに明るい未来を残そう
 *地球環境問題に目を向けたPTA活動を実践しよう。
 *震災で被災した子どもたちや保護者を支援しよう。

 

 
▲このページの先頭へ戻る